代表取締役の
住宅ローン審査

TOP ローンの繰り上げ返済 返済期間の変更
返済シュミレーション 金利プランの比較 比較サイトも参照
ローン申請の前に 住宅ローンを比べる 借入審査の諸注意

経営トップの住宅ローン審査申し込み

これから新築一戸建ての購入を考えている人もいると思います。 なかには代表取締役の住宅ローン審査になると何か影響があるのかと心配になる人もいるかと思います。 実際、中小企業の代表取締役の住宅ローン審査というのは法人と個人一体での審査となるので察して影響はないそうです。

ただ、一般的な会社員とは違い、審査なども大変にはなってくるそうです。 その理由としまして、毎月頂いている給料と同じぐらい会社の業績なども代表取締役の住宅ローン審査として含まれるからだそうです。 実際に代表取締役の方で住宅ローンの申請をした方がいましたが、その際に会社の三期分の決算書や納税証明書などを提出することになったそうです。 その決算書で三期連続で「黒字」出していないと、ローン審査が通過しない場合もあるそうです。 もしも会社が借り入れをしているメインバンクがあるのならば、その銀行で住宅ローンについて相談してみるのもまた良いかと思います。

特に問題がないようであれば審査がスムーズに通る場合もあるそうです。 ですから、まずは会社のメインバンクの方で住宅ローンのことを相談してみてはいかがでしょうか? または、顧問税理士の方に住宅購入のことで相談をしてみるのも良いかと思います。 税理士の方と一緒に取引銀行に融資の相談に行かれるのも安心ですし、力になってくれるはずです。 中小企業だからという理由だけで審査がマイナスになるわけではありませんし、会社自体が黒字経営であれば住宅ローンも組むやすくなっています、 中小企業の役員の場合、当該企業の実績で役員の収入も変わってくるものです。 住宅ローンで特に重要になってくる審査の項目の一つとして借り入れの人の収入が安定し、継続をしているかが大切になってきます。

なので、会社の経営様態が堅実であれば、会社の大きい小さいなどは関係がないと思います。 代表取締役の住宅ローン審査だからといって、立場で不利になることはありませんし、肩書きを変える必要もありません。 会社がきちんと黒字経営を続けているかが大切になってきますし、審査に必要な書類の決算書や納税証明書を提出しましょう。 そして、会社のメインバンクがあればそこで住宅ローンについて相談をしてもらった方が審査もスムーズに進んでいくと思います。

金利が低い今のうちに住宅ローンを組んでおいた方が総額で支払う金額も少ないでしょうから、早め早めに行動をしておきましょう。

 

経営者住宅ローンの関連サイト

自営業・経営者の住宅ローンの詳細
会社経営者の方は住宅ローン審査に通るのが難しいとよく言われています。実際に収入と比較すれ審査が厳しくなる傾向にあるのは間違いないようです。ですから、自営業や経営者の方が住宅ローンを借りるためには事前の準備が必要になるのです。住宅ローン借り入れを検討中の自営業、経営者の方はぜひこのサイトをご覧になっていただきたいと思います。

Copyright 代表取締役の住宅ローン審査攻略

リンク…住宅ローンのQ&A